公務員試験で落ちた場合、浪人すべきか?

スポンサーリンク

公務員試験で落ちた場合、浪人すべきか?

試験に落ちると凹む。当たり前だけど。
大学生だと、合格発表を確認してからでは、時期が遅くなってしまい、一流の民間企業に就職するのは困難だし。
だからこそ、浪人という選択にならざるを得ないことがある。
とはいえ、、年齢制限という壁も迫ってくる。

 

そもそも、公務員の場合、基本的に面接官にウケがいいのは、現役の学生の方がウケがいい。
同じ能力。
同じ評価。
Aさんは現役。Bさんは浪人1年生。
どっちが選ばれるかといえば、Aさんになってしまう場合が多い。
Bさんの方がかわいそうだからと、採用されることなんてほとんどない。

 

また、公務員に就職後も、同じ区分であれば、若い人間の方が将来的に偉くなりやすい。
つまり、高校から大学に進学する場合も、できる限り現役が望ましいということだ。

 

結論を言おう。
公務員試験ごときに、3年以上の時間をかけるべきではない。
昔の司法試験であれば、5浪、6浪するのは当たり前と言われていた。
公務員試験は、最難関と言われる総合職の場合ならなおさら、そんなに時間をかけていては、どうせ偉くなれない(将来性が見込めない)。
人間なら、誰しも、自分の仕事を最低限評価してもらいたいって思うのが普通だと思うけど、総合職の場合、浪人なんかして合格しても、いいことなんて一つもない。
けど、偉くならなくていいという低いモチベーションで、仕事を約30年続けるのは、意外と苦痛だよ。
人間なら、必ず、欲だったり、変化が欲しくなったりする。
総合職を受験する人間であれば、なおさらではないか。

 

それよりなら、試験区分を一つ落として、さっさと就職すべきだ。
年齢制限があるので、そんなにそもそも浪人が許されないこともあるので、自分が受けたい試験の募集要項にしっかり目を通して、年齢制限を確認しておこう。

 

さらに言えば、民間企業でも、1流、2流の民間企業に就職したかったら、現役が一番だ。
公務員試験に落ちると、その年の就活のチャンスを逃して、さらに翌年試験に落ちて・・・・
なんていうどつぼにはまらないように、しっかり、高いモチベーションを保ちつつ、独学なり、予備校に通うなりして勉強しよう
そして、さっさと合格しちゃいましょう。

今日のまとめ

・次の年には必ず合格しよう。
・3年以上は時間をかけるべきではない。
・公務員になることも一つの目標だが、なった後のビジョンも持ちつつ、全体的なことを踏まえて浪人するかどうか決めよう。




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板