人事院勧告とは?

スポンサーリンク

人事院勧告とは?

さて、8月の夏、人事院勧告が発表されました。
人事院勧告は、国家公務員法で、決まってます。
人事院が、国家公務員一般職の、給料や人事を、
改善するため、国会、内閣、関係大臣、
その他機関の長に行う勧告です。

 

勧告は、とある行動をするように、促すことです。

 

具体的には、毎年8月ころ、人事院が人事院勧告を、
発表し、そこで、国家公務員の俸給表の改定や、
ボーナスの率が決まります。

 

人事院勧告が気になる方は、実際に人事院のHPを、
読んでみてはいかがでしょうか。
給与に関することだけではなかったり、具体的に、
どのように給与を改定すべきかなどが、
掲載されてます。

 

 

そこに、例えば、要約した言い方をすれば、今年は、
民間の平均年収がいくらで、公務員はいくらだから、
これぐらいが適当である・・・みたいな形で、
勧告されていることが分かります。

 

私なんかは、ついつい、人事院勧告で、給与上昇、
そういった情報がニュースで流れると、
顔がにやけてしまいますが、先日、先輩から一言・・・。

 

公務員としては、人間ですから、給料が上昇すると、
ついつい喜んでしまいますが、喜んでばかりは、
いられません。

 

その上昇に見合うだけの、社会貢献ができるよう、
気を引き締めていこうな。

 

そういった趣旨のことをお話された先輩がいました。
私は、その先輩を見習おうと思いましたし、
何よりその先輩の考え方に感心しました。

 

そんなことがありました。

 

 

通りすがりの喫茶店の客 A/H




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板