女性が公務員になった時のメリット

スポンサーリンク

女性が公務員になった時のメリット

女性が公務員になった時のメリットとしては
・産休が制度的に認められている。産休を取っている人が周りにたくさんいるので、産休を取りやすい。
・子育てのため、朝遅く来て、夕方早く帰れる制度が認められている。
つまり、お給料が低いとはいえ、結婚や子育てをしながらも働き続けられるということですね。

 

最近は昔に比べて少なくなったとはいえ、やっぱり寿退社というのは、文化として残っているところもあるみたい。
たしかに会社からしてみれば、少ない予算、人員で会社をやりくりしているのに、子育てのためとはいえ、人がいなくなれば誰かがフォローしなければならないから・・・。
それに、人が足りなくなったら誰かを短期で雇うとか、そういったことをしなければならないし。
だから、会社側からすれば、「空気読んでやめてくれないかな」って思うところもあると思うんです。
こんな、半分クビみたいな話、聞いたことありませんか?

 

でも、こういった風潮は、公務員にはほとんどありません。
若干、昇進が遅くなったりすることはあるけどね。

 

仕事を辞めなくていい、一生働けるというのは、本当に大きいメリットだと思う。
だって、旦那さんのお給料だけで生活して、あわよくば自分のお給料はすべてお小遣いにできたりするわけだし・・。
そんな小金持ちになりたーい、なんて思ったり。
退職金も、今の段階では、最後まで勤め上げれば約2000万円はもらえるわけだし。

 

でも、産休とか、子育てで休むときなんかは、周りの人に迷惑がかかっているのは事実なの。
後輩の男の子が、私がお腹が大きくて大変なときとか、子供の迎えのために早く帰らせてもらってるときに、少しでも私の負担減らそうとして色々気を使ってくれたりしてたなぁ。
だから私も、できることはしっかりやらなきゃと思って、頑張るようにしたけどね。

 

女性公務員の産休、子育て、育児事情の実態はこんな感じかな。
【関連記事】
その1:公務員女性の服装に関する疑問。オシャレしていいの?
その2:公務員女性の髪色はどこまで許されるか?
その3:公務員女性のネイルは大丈夫?
その4:公務員女性の結婚事情は?
その5:公務員の産休と育児休業などを大ざっぱに解説

 

【おすすめ記事】
公務員になるにはどうしたらいいですか?




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板