公務員の産休と育児休業などを大ざっぱに解説

スポンサーリンク

公務員の産休と育児休業などを大ざっぱに解説

これから、公務員の産休について、難しいところをを省いて簡単に説明しちゃいますね。

 

産前6週、産後8週。
これが国家公務員に許されたいわゆる、産休ですよ。覚えておきましょう。
ちゃーんと、お給料もでます。
産前休暇は、お医者さんに予定日の診断書をもらって、そこから6週前から休みをとれます。
基本的には、予定日が遅れちゃっても、ずーっと休めちゃいますよ。
それと、産後休暇は、出産した日から8週取れます。

 

さて、ここからは、休暇とは違う仕組みのお話をします。
産後8週間、お休みをとったとしても、赤ちゃんどうすんだって思いますよね?
その後、出産を終え、産休が明けた公務員女性のたいていの人は、育児休業することになります。
公務員の間では、育休(イクキュウ)と呼ばれてます。
こちらは、子供が3歳になるまで、仕事をいったんストップするんですね。
育児休業の場合は、給料は出ませんが、子供が1歳になるまで、給料の半分くらいの手当てがもらえます

 

育児休業は最大3年取れますが、みんな取りません。
たいていの人は、早いうちに赤ちゃんを保育園に預けることを選択します。
普通は、産後休暇が終わったら、育児育児休業を1年申請します。
その間に、預ける保育園を探します。
運よく保育園に預けることができれば、1年で職場復帰です。
もしだめなら、また1年程度延長を申請して、その間に保育園を探します。

 

さて、赤ちゃんを保育園に預けながら、職場復帰するママ。
それでも、普通の家庭は、ママが保育園に迎えに行ってます。
ママは、「育児短時間勤務制度」を利用して、いつもより30分遅く来て、いつもより30分早く帰ったりします。
公務員の間では、略して「育短(イクタン)」と言われてます。
この辺は、上限の中である程度変えることもできます。
育児短時間勤務で、縮小された時間は、当然、お給料は出ません。

 

どうですか?
人事院のHPにも同じようなことが書いてますけど、実際の話を踏まえた方が分かりやすいかなと思ったんで書いてみました。
参考になれば幸いです。

 

参考(一応載せておくね。)
【産休について】
人事院規則10-7(女子職員及び年少職員の健康、安全及び福祉) 第8条、9条
【育児休業について】
国家公務員の育児休業等に関する法律 第二章
【育児短時間勤務】
国家公務員の育児休業等に関する法律 第三章

 

【関連記事】
その1:公務員女性の服装に関する疑問。オシャレしていいの?
その2:公務員女性の髪色はどこまで許されるか?
その3:公務員女性のネイルは大丈夫?
その4:公務員女性の結婚事情は?
その6:女性が公務員になった時のメリット

 

【おすすめ記事】
公務員になるにはどうしたらいいですか?




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板