国家公務員採用試験で起こった奇跡

スポンサーリンク

国家公務員採用試験で起こった奇跡

担当者「あっ、そうですかぁ。分かりました。実は、今、聞いて欲しいことがありましてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     ・・・今日の面接はおつかれさまでした。それでね、サトル君の、面接の結果、評価も素晴らしかったので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        サトル君が良かったら、ぜひ、うちに来てくれませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトル「・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトル「・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトル「・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトル「!?

 

 

 

 

 

担当者「もしもし、聞こえますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しさと、安堵の感情が一気に押し寄せてくる。
午前中までは、緊張で、視界が歪み、足が震えてしまっていた。
今は違う。
今は、嬉しさと安堵感で、全身が震えてしまっている。
とても一人では受け止めきれない。
恐ろしいほど大きな感情の波だ。
俺は、俺は、ついに。
やり遂げたのか?奇跡は起こったのか?サトルは自問自答する。
全てが信用できない。自分なんかが。成功するわけがない。合格するわけがない。
最後まで油断するな。そう思い、今一度確認する。

 

 

 

サトル「本当に、採用ということで、私を採用いただけるんですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当者「はい、そうですよ。どうですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ!!と答えたかったが、今は採用面接の真っ最中。
思いっきり声を押し殺して、返事をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

サトル「ハイ、ヨロシクオネガイシマス」

 

 

 

 

 

 

 

 

感動の余韻に浸りたかったが、今は採用面接の真っ最中。
我に返ったサトルは、部屋のドアを開け
サトル「すっ、すいません・・・実は・・・」
担当者「決まったの?採用先。」
サトル「ハイ。本当にすみません。
担当者「おめでとう。良かったね。どこ?」
サトル「○○です。ハイ、申し訳ありません。

 

 

担当者「え?!そうなの?分かった、だったら、なおさら、これからは、同じ組織の仲間になるんだから、よろしくね。」
サトル「ハイ、よろしくお願いします。」

 

 

 

 

サトルのせめてもの礼儀だった。
こんな自分を、夕方の遅い時間になっても自分一人だけのため、時間を割いて待っていてくれたのだ。
建物を出るまでは、サトルはジェントルマンを装った。
建物を出た瞬間、サトルは、感動を抑えきれず、浦和駅までダッシュして帰った
夕方17時前。
辺りは暗くなりはじめた。
日が沈むと同時に、長い長いサトルの1日は終わった。

 

 

 

いや、長い、長い、サトルの戦いは終わった。




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板