官庁訪問のやり方や電話の方法など

スポンサーリンク

官庁訪問のやり方や電話の方法など

サトルの官庁訪問の大まかな流れ

 

1.国家公務員1次試験の合格発表が張り出される現場にて携帯電話、官庁訪問を希望する官庁の電話番号をメモを持参の上待機
2.合格発表される。掲示板みたいなのに張り出される。
3.自分の受験番号を確認した直後、第一希望に電話。
「お忙しいところおそれいります、私、サトルと申しますけれども、官庁訪問させていただければと思いましてお電話した次第なのですが」と話す。
4.代表電話から、人事担当の部署に電話を転送してくれる。その後、対応してくれるのは、人事担当者。
代表電話と同じことを話すと、○月○日に来ることは可能かと丁寧な対応をしてくれる。
5.すかさず、担当の部署と、担当者のお名前を確認する。
6.当日はよろしくお願いします、ありがとうございましたという挨拶で、締めくくる。

 

これを、8社(社という単位は変だけど・・・)繰り返し、官庁訪問がOKだったのは、結局6社だった。
2つN.Gだった理由は簡単。国家一般職の高卒区分(昔でいう国家公務員3種)に採用がなかったためである。
下調べが足りなかったというわけだ、今考えたらこっぱずかしい
霞が関や東京近郊の官庁訪問の流れは、大体こんな形になる。
官庁訪問は予約制
1次試験が終わって、時間にゆとりが出てきた段階で、自分が働きたい場所、やりたい場所を明確に決めておくことが重要だ。
合格発表を見て、
さぁーて、どうしようかねぇー。
などと、余裕をぶっこいてると、自分が希望するところで働けなくなる

 

まずは、とにかく早く訪問をを予約することだ。
各府省庁の人事担当者の手元には、おそらく、各個人の点数リストのようなものがいっている。
なぜ、俺がこんなことを言うかというと、実際、1次試験の結果が素晴らしかった友人の携帯電話には
「君、官庁訪問にこないか?」
的な電話が、ばんばん入っていた。
したがって、席はどんどん埋まっていく。

 

ちなみに、サトルの携帯電話には、1か所からもオファーの電話はなかった。
それもそのはず・・・(サトルの点数は、ボーダーラインそのものだった。)。

 

訪問の席が埋まるのは、人気のある官庁であればなおさらだ。
ここで、おそらく普通の人は、自分の官庁は人気があるのだろうか・・。
どれくらいの倍率だろうか・・・。
なんてことが気になってくるものだと思う。
そんな無駄なことを考えている暇があったら、とにかく合格発表をいちはやく確認し、誰よりも先に官庁に電話をして、訪問の予約を入れることだ。
だからといって、早とちりして、ダブルブッキングなんかはしないように。
1次試験合格直後、喜びを冷静に噛みしめつつ、次のステップに進めるように、前もって、働きたい場所を決めておこう。

 

訪問先が決まれば、予定が決まる。
今度地方組がしなければならないことは、新幹線や高速バス、宿泊場所の手配だ
それから、とびっきりの恰好いい、リクルートスーツと、歩きやすい革靴を探しに行くのもいいだろう。

 

この記事読んで、参考になったと思ってくれた人、
健闘を祈るよ!




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板