国家公務員などに有利な学部とは?

スポンサーリンク

国家公務員などに有利な学部とは?

高校生で、とりあえず大学への進学を決意した方で、将来公務員になりたいと考えている方は、どの学部に進学すべきなのだろう。
事務職系の国家公務員、地方公務員であれば、やはり法学部や経済学部に入っておけば間違いはないと言われているが、本当なのだろうか。

 

いやいや、法学部でも経済学部でも、文学部でもなんでも、学部は関係ないよ。
法学部や経済学部が無難と言われているのは、公務員試験の科目をある程度深く学ぶことができるからだ。
国家総合職試験を目指すなら別だけど、ほかの試験なら、採用してからそこまでどの学部が有利で、将来性が見込めるかなんていうのは、全然関係ないと言っていい。

 

踊る大捜査線ムービーの筧演じる新城が、柳葉演じる室井さんに向かって
「良かった、学生の時死ぬほど勉強しておいて」
と、嫌味を言うセリフがある。
新庄は東大法学部卒、室井さんは東北大法学部卒の今でいう国家総合職の警察庁採用の人間という設定なのだが、このように、国家総合職の世界では、学歴が生きてくることがある。
しかし、それ以外の国家一般職などの事務職においては、学歴はさほど重要視されない
現に、サトルの勤務場所では、専門学校卒であるサトルのほか、一流、二流大学を卒業した者ももちろん、高卒の者も同程度の事務レベルの仕事を与えられている。

 

したがって、国家総合職を目指す以外の人であれば、自由に、自分が興味のある学部に入って、一生に一度の大学生活を思いっきり楽しむのが良いよ
そういった大学生活を送りながら、公務員試験の勉強を進めて、仕事に必要なことは、仕事の中で覚えておけば全然問題ない。
だって、実際に、一般の人がその省庁に何を求めて、自分ができることの範囲がどのくらいで・・・なんてことは、実際に仕事をしないと分からないのが普通だからね。

 

そういう意味では、公務員になりさえすれば、将来安泰という考えは間違っていることが分かると思うんだ。
公務員になっても、ある程度勉強しないといけないからね。




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板