家の買い方

スポンサーリンク

家の買い方

今回は、俺が、ゼロの状態から、東京で実際に不動産仲介業者に行って見学するところまでの話だ。
あまり参考にはならないとは思うが。

 

まずは予算を適当に決めて、適当な場所を探していくと、
大体の相場が見えてくる。

 

あまり最初からあそこは高いから無理とか言わずに、
実物をインターネットで検索してみることをお勧めする。

 

極端に言えば、銀座に3LDKの新築マンションが欲しい…
という希望でもいいから、まずは検索してみる。

 

そうすると、現実が見えてくる。
例えば、新宿、渋谷、恵比寿などの都心で新築で
3LDKのマンションを探すと、3000万台のものは・・・うーん・・・
であることが分かり、あっても、築30年以上の中古物件しかないことが分かる。

 

あとは、職場に近いのを優先するか、コンビニやスーパーや駅が近くにあるか、
といった生活環境を優先するのか、立地が悪くともとにかく大きい部屋を優先するのか選んでいく。

 

大体の希望が決まったら、不動産屋もしくは不動産屋の仲介業者に相談する。

 

俺は、不動産の仲介業者に物件の相談をした。友人のツテを頼ってだ。
聞かれたのは、どの辺の物件をお探しか、そして、予算だ。

 

例え無理だと分かっていても、プロに、まずは、自分の野望を恥ずかしがらずに、
話すべきだ。
そこで、万が一、素晴らしい物件との出会いがあるかもしれないからだ。

 

希望を不動産屋に伝えると、早ければ翌々日くらいに3つほどの物件を見繕ってくれて、
今度見に行きましょうという話になる。
見にいく日は、早い方がいいが、そこまでの間に、自分でもネットを使って、
手頃な物件がないか探して、見つかったらここも見に行きたいと伝える。

 

見学まではこんな感じだろうか。

 

最後に、これは、俺が不動産仲介業者にいったときの経験談であり、ほかにも、
やり方はたくさんあると思う。
全ての不動産仲介業者が、こういった要望に応えてくれるかも分からないが、
とりあえず、行かないと何も始まらない。
あとは、妥協せずに、とにかく自分の希望を伝えることだ。




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板