公務員のメリットを分析してみよう

スポンサーリンク

公務員のメリットを分析してみよう

公務員が巨万の富を得てとびっきりの贅沢をして生活をしているイメージはあるかい?
それは間違いだよ。
国家公務員T種と呼ばれるキャリアでさえ、年収1000万を超えるのは、15年以上くらいかかるかな。その人たちはあれだよ。幼稚園のころから私立の学校は行って、私立の小学校入って、私立の中学校、高校入って、東大入って、倍率高い筆記試験受かって、面接試験も受かって、もう何十年もの投資を受けて、それくらい。最初から脳みそのできが良い人もいるかもしれないけどね。

 

国家公務員U種とかV種は段違いにもっと庶民派。初任給の手取りいくらか分かるかい?14万だよ。若い子で、都会暮らしの子なら、アルバイトだけでもこの時代なら月に30万くらい稼ぐん時代の中で、公務員が意外と安月給なのは驚いたかい?
おっとっと、今日はメリットを話すんだったね。こんな雰囲気で進めてたら誰も公務員になりたがらなくなくなっちゃうからねー。

 

まず、公務員には、ボーナスがある。期末勤勉手当って呼ばれたりするけどね。景気の変動で左右されるけど、月給の1.9倍のボーナスが夏と冬に出るよ。昔は、3月にも出てたらしいけど。意味わかなんないよね。

 

それと、公務員宿舎。民間でいれば社宅だよね。この喫茶店に来てた若い子は、短大卒程度の資格で、国家公務員V種の子で、田舎から東京に就職したときに、公務員宿舎を借りたらしいんだけど。すごいよ。家賃が3900円だってさ。4畳半一間の、風呂トイレガス台所共同の宿舎らしいけど。会社には、ドアtoドアで1時間って言ってたかな。共益費は10000円って言ってたなー。
貯金がない子だったからね。車の免許取ったり、奨学金返したり、それでも細々と生活しているようだったよ。なけなしの金でこの喫茶店に通ってくれる子だからね、大事にしなきゃだよね。
あるとき、その子が深夜に宿舎に帰ってきて、風呂に入りに行ったら、ホームレスみたいな人が風呂にいたらしいよ。噂になって、簡易のオートロック式に改造されたらしいけどね。笑えるだろ?
ドクダミ荘より酷いよね(笑)(たぶん、今の若い子知らないよな)

 

良くニュースで話題になってる高級公務員宿舎は、キャリアとか、それ相応の役職じゃないと入れないからね。
とはいえ、まあそういうメリットを活かしてコツコツお金を貯めていけば、普通に生活する分には困らないよね。

 

もちろん、そのほかのアパート借りるときは、住居手当っていう手当が、5万5000円以上のアパートを借りたりするなら、最大で27000円出る。
あとは奥さんが働いてないなら、扶養手当も1万円くらい出るよ。

 

交通費も支給されるし、人口の多い都市にいけば、都市手当や、本府省業務調整手当とかもあるね。

 

細かいところまで言うと頭が混乱するから、一般職の人になじみ深い手当をあげると
・通勤手当 ・住居手当
・扶養手当 ・地域手当
こんな感じかな。こういったものから、所得税を初めとする税金と、将来の自分の年金なんかが差引されたものが手取りってやつだね。
意外と普通だろ?民間でもこういうのは変わらないからね。あまり期待しないように。
金銭面に関するメリットは以上かな。ちなみに具体例で言えば、知り合い、奥さんが専業主婦で、子供もいて、1人で大黒柱になってるやつがいたけど、手取りが30歳で23万とかだからね。その人は、京都の・・・京大ではなかったけど、そこそこ良い大学出てて、そいつの口癖が「金ない」だったな。
金銭的なことで言えば、普通のレベルの普通の生活はできるってことかな。公務員だから特殊って部分は意外とないよね。
だって、この辺の手当ては民間会社でも普通にもらえてるからね。単身赴任手当とかもね。

 

あっ、制度面でいえば、年休がとりやすいことかな
国家公務員だと、1年で20日分有給が与えられる。次の年に持ち越せるのは、最大で20日までだから、たいていの人は2年以上働くと40日分の有給が得られることになる。この有給は自分が好きな時にとれる。民間と比べて、むしろ公務員の場合は、休暇をとって、ひいては残業時間などを削減することを目標にしているから、休め休めって上司に促されるんだ。本当だよ。上司は上司で、部下に休暇を取らせることを目標にしてたりするから、休まないと怒られたりするからね。まあ、くそ忙しいのに空気を読まずに休め休めっていってくるアホも中にはいるけど
ぜひ、そのメリットを活かして、平日に休みをとって行列のできる美味しいランチをを食べに行ったり、お金のかかる正月、ゴールデンウィーク、お盆なんかから、少し時期をずらして旅行をすれば、節約にもつながるからね。
育児休暇も、1年半くらいとった後にカムバックしてバリバリ働いている人もいるよ(そういう人が大事にされすぎて、真面目な人に負担がかかってるのは事実だけど)。

 

それから、社会的信用が無駄に高いよね。家を買ったりするときなんかに、ローンを組みやすかったり、銀行がお金を貸してくれやすいって言われている。結婚するときに、相手側の親御さんに「職業は?」と聞かれてたいていの人は、「公務員です・・・」と答えると、妙に安心してくれる。

 

あとは、人によって違ってくるって前に話したけど、お客さんに物を売ったり、契約をして利益を追求する概念がない。すなわち、これは最強のサービス業だよね。
少なくとも、物を無理やり売りつけて、いついつまでこれだけの利益を上げなければ、不渡りが(※)・・・とかそんな危機的状況に陥ることはない。
要は、法律の範囲で、お客さんのためになるサービスを提供することができるわけだ。
行政サービスという名の、最強のサービス業だと、僕は思うけど。
そりゃもっと言えば、ボランティアもあるけど。仕事じゃないからね(笑)。利益を追求しないから、サービスレベルが上がってかないっていう側面もあるんだけど・・・まあ今日はメリットのお話だからその話は次の機会に。

 

あとは、「公務員です」っていうだけで、損をすることだね。これはね、デメリットを逆手に取ったメリットなんだけど・・・。公務員が、ちょっとお洒落して、合コンとか行くだろ?そうすると、「この人公務員っぽくない・・・素敵」とか思われるときもあるよ(笑)

 

今日のまとめ(公務員のメリットとは?)

・たいした学歴がなくても、贅沢でもなく、貧乏でもなく、普通の暮らしができる
・休みが取りやすい
・社会的信用が高い
・公務員は、利益を追求することがないという点で、究極のサービス業

 

※民間企業の場合、お金は自分たちで作るか、銀行等からお金を借りるしかない。不渡りっていうのは、簡単に言うと、支払うべきお金を銀行に支払えずに、倒産すること




スポンサーリンク





スポンサーリンク


ホーム 合格体験記 公務員のウソとホント 面接試験対策 女性目線の公務員 リアルワールド掲示板